脳梗塞で入院した父

父が脳梗塞で入院しました。
幸か不幸か麻痺や一般的に言う後遺症がほとんどありません。

ただ、左側半側空間無視になりました。



父の目になることは出来ないので、見えていないのか、見えているけど認識していないのかは不明です。

それなのにどうして幸か不幸かと言うと、この後遺症の場合、周りからは病気したことがあるとは認識されにくいのです。

例えばぶつかったり、こけたりしても、周りには本当にただ健康な人に見えてしまうのです。

自分自身の体もほぼ元気なのに運転が出来なくなりました。今までは一人で好きなところに出かけたりしていたのに・・・

僻地に住んでいるため、公共交通機関もほぼない状態です。年齢もまだ60代半ばで、元気なので、とても不憫に思います。



でそんな父ですが、今は孫(私の子供)が一生懸命お世話(ちょっかい?)をしています。小さい頃、面倒みてもらったのを覚えているかの様に・・・

父の危なっかしい行動を見ては、私が怒りだす前に父に声をかけたり、一生懸命気遣っています。



あなたもそうしてかばってもらっていたよ。
覚えているのかな?

小さい頃は、じいじバカ!!なんてケンカもよくしていたけど、居れば近くにベタベタくっついて居たね。

孫と父のそんな姿を見ていると、こころなしかこちらも気持ちも和ませられます。

父も嬉しそうで、私も嬉しいです。





ページのトップへ戻る